BLACK SMOKERが開く学校!?「BLACK ACADEMY」にて、集団即興演奏とフィールド・レコーディングについてワークショップを行います!
Goethe-Institut TokyoにてBLACK SMOKER RECORDSによる二日間のみの学校「BLACK ACADEMY」が開校されることになり、山辺と羽鳥智と37A等がコアメンバーとして参加していた不定形集団即興のBUKATU(部活)が、11月26日のクラス2で集団即興演奏とフィールド・レコーディングについてのワークショップを行います! 以下の講義内容等をよく読んで、興味を持たれた方は是非とも受講してみて下さい!

BLACK SMOKER RECORDS PRESENTS
BLACK ACADEMY


2022年11月26日(土)・27日(日)
14:00-21:00

at Goethe-Institut Tokyo

2年以上にわたって世界を苦しめてきたパンデミック下、誰もがぶち当たった、生きるとは何か、何が人生を豊かにするのか、そもそも何のために生きているのか?という問い。その答えは見つかっただろうか?生きることは創造すること。あらゆる人生は、もっとクリエイティブに、面白くするポテンシャルを秘めている? この答えを体現する達人たちが、学校では教わらなかった授業で教鞭をとる。今こそ鬱積したクリエイティビティを解放せよ!人生を豊かに生き延びるために。BLACK ACADEMY、開校です。

〈11月26日(土)〉
■Hall
ADV:2000yen
OPEN 16:30

open talk
●菊地成孔×大谷能生「20年後の〈憂鬱と官能を教えた学校〉」(18:40-)
●浅沼優子×Guest「創造性と多様性 〜クリエイティビティを引き出す環境とは〜」(17:50-)
●KILLER-BONG×Guest「ThinkTalk pt33」(17:00-)

Live(20:00-)
菊地成孔/大谷能生/KILLER-BONG

■class2
受講料:1500yen

ポスト集団即興演奏とフィールド・レコーディングの実践/プレイバックによる検証 LET'S RA BUKATU〜部活の勧め」(15:30-17:00)
山辺圭司×羽鳥智×37A

1990年代半ば〜後半あたりから、いわゆる夜のコミュニケーションとしての盛り場でのクラブ活動にも飽きてきた頃、強烈な波動のカセット作品を連発していた故・WOODMAN、ロスアプソンの開店記念コンピレーション「MI CABALLiTO CHULO....! COMO LO QUiE Ro.....」への参加や、現在も委託レコードコーナー「GRAY ZONE」等を手掛けるOM=ADAM(羽鳥智)、当時はSONIC PLATEのグラフィティ・ロゴ等も手掛けていた37A、360°recordsのコンピレーション「SLEEP」等にも参加していたZUZU達と、セッション同調だけを主とせず、各自の自立を放任できる不定形集団即興=BUKATU(部活)というものを、都内の公園を中心に、各自の部屋、廃墟、練習スタジオ、映画館、お寺の敷地内等、様々な場所で実践してきた。

[1]始めに、CD-R作品としても復刻リリースしているBUKATU「UNDERGROUND MYSTIC CIRCLE」シリーズから、自宅録音と公園にて録音した音源を聴き比べて頂き、それについての解説と質疑応答。
[2]BUKATUメンバーとBLACK ACADEMY受講者で「LET'S RA BUKATU」の10分間程の実践。
※受講者には事前に、その日鳴らしたいアンプラグド楽器または楽器ではない物の持参を促す。
[3]DATレコーダーとカセットレコーダーをそれぞれ違うポイントに置いて録音し、今回の実践音源「LET'S RA BUKATU」をプレイバック。
[4]部活の勧め〜締めの挨拶。

※注意
受講者はその日鳴らしたいアンプラグド楽器または楽器ではない物の持参してください。参考として、故・WOODMANは最初の公園にてのセッション時には、サランラップを持ってきていました。

床に座ってワークショップを行うため、レジャーシートやピクニック用のラグマット等の敷物の持参をお願いします。


【ご予約に関する注意事項】
個別クラスを受講しなくても、ホール内のプログラムは1日入場料2000yenでご参加いただけます。
個別クラスの受講には別途受講料が必要です。クラスのみのご参加も可能です。
それぞれのクラスにご持参いただくものなどがありますので、くれぐれも注意事項と開始時間をご確認の上ご予約ください。
複数のチケットの同時購入も可能です。
チケットは発行されません。(表示される送料手数料はかかりません)
ご予約済みの方は当日受付にて現金でお支払いをお願い致します。
2名様でご予約の方は備考欄に二人目の氏名、連絡先を書いてください。

予約・詳細はこちら
https://blacksmoker.cart.fc2.com/ca712/636/p-r-s/
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/tok/ver.cfm?&event_id=24243875

Goethe-Institut Tokyo/ゲーテ・インスティトゥート東京
東京都港区赤坂7-5-56 ドイツ文化会館内
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/

Posted by ヤマベケイジ 14:23 | DIARY | comments (x) | trackback (x)
フライング・リズムス結成20周年記念ライブが藤沢で開催されます!
2002年にリリースされたBLAST HEADのアルバム「LANDSCAPE」のレコ発イベントで、ラティール・シーと久下惠生のセッションを依頼したことがきっかけで、内田直之を加えた3人でFLYING RHYTHMS(フライング・リズムス)となり、アルバムリリースと各地でのライブ活動を続けて今年でついに結成20周年! 記念のライブが藤沢にあるアジア多国籍料理のお店のGREEN MANGOさんにて開催されます! この機会に是非ともFLYING RHYTHMSの音でトバされてみて下さい! 来年以降もいろいろ動きがありそうなので、FRチェックよろしくです〜〜〜。

FLYING RHYTHMS
-20 Years Anniversary Live-


2022年11月23日(水・祝)

at GREEN MANGO
18:00 OPEN/START
Door:2,000yen+Drink

Live:FLYING RHYTHMS
DJ:キノシタリュウ/Lily

※来場者多数の場合は入場制限をする可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

GREEN MANGO
神奈川県藤沢市藤沢1049-10 東ビル1F
Tel: 0466-47-8488
https://greenmango-fujisawa.com/

Posted by ヤマベケイジ 14:19 | DIARY | comments (x) | trackback (x)
渋谷PARCOのリニューアルオープン3周年記念イベントに、当店がまるごと出張いたします!!!
2019年11月22日にリニューアルオープンした渋谷PARCOが、3周年にあたる今年2022年の11月18日(金)から17日間の特別企画を開催!高円寺にある“あれこれレコードショップ”のLOS APSON?が厳選セレクトしたショップやアーティストを召喚して、10階の〈ComMunE〉にて一日限りのPOP UP SHOPイベント「LOS APSON? MARKET」の開催が決定しました!!!

プロダクト・ウェア・ブランドからハンドメイド/リメイクを繰り広げるフリーキーな集団、独自ブレンドのアロマオイルから大人のガチャガチャ、そして当LOS APSON?は一応レコード屋なので、PARCOの近所にあるリスペクトする先輩のレコ屋もお誘いして、お昼からやんわりと開催したいと思っております!

夕方からは、今回のPOP UP SHOP関連のDJ陣がプレイするめくるめく音楽を楽しみながら、ビールなんぞで乾杯などはいかがでしょうか!?

そんでもって、同じく渋谷PARCO 9階のSUPER DOMMUNEでは今回の「LOS APSON? MARKET」との連動プログラムとして、DOMMUNEの大好評レギュラー番組「PRIVATE VINYL LESSON」を19時から配信!当店が推薦する音盤を紹介しながら、トークとDJプレイが24時まで展開されるハズです!!!

詳細は、渋谷PARCOとDOMMUNEの公式WEBサイト等でチェック!!! ご来場&ご視聴を何卒4649お願いいたします!!!
(山辺圭司/LOS APSON?)



SHIBUYA PARCO 3rd ANNIVERSARY

渋谷PARCOは2019年11月22日のリニューアルオープンから3年を迎え、2022年11月18日(金)より17日間の特別企画を開催いたします。
アニバーサリーでは各ショップの渋谷PARCO限定商品や先行発売商品が揃うほか、オープニングパーティーや、連日連夜のルーフトップライブなど注目のイベントが目白押し。さらにポケパル払いで10%ペイバックの特別サービスも!
https://shibuya.parco.jp/page/3rdanniversary/

LOS APSON? MARKET

2022.11.22. (tue)
12:00-22:00

at 渋谷PARCO 10F ComMunE

<POP UP SHOP>
NISHIMOTO IS THE MOUTH
Somewhere in Tokyo
HE?XION! TAPES
ヘンタイワークス
*b*a*r*a*k*a*h* ALCHEMY(バラカ・アルケミー)
TARZANKICK!!!
MAD LOVE Recordsと焚書舎
EL SUR RECORDS
LOS APSON?

<DJ 17:00〜22:00>※17:00以降はエントランス料1,000円
NISHIMOTO IS THE MOUTH
PU$$Y好好
DJサモハンキンポー
word of mouth (Somewhere in Tokyo)
ヤマベケイジ

●会場内では常時マスクの着用をお願いいたします。
●アルコール消毒・検温のご協力をお願いいたします。37.5度以上の熱がある方がご入場をお断りいたします。
●来場者多数の場合は、入場規制をさせていただきます。
https://shibuya.parco.jp/event/detail/?id=5876



Flor de Cana presents
LOS APSON? x DOMMUNE「PRIVATE VINYL LESSON」SEASON 3-5 第24章
渋谷PARCO 3rd Anniversary DOMMUNE Program Vol.5
21st Century Dance Music Vinyl Studies


●第24章 研究員:脳BRAIN & Chloé Juliette、宇川直宏(DOMMUNE)
●講師:ヤマベケイジ(LOS APSON?)
●DJ:脳BRAIN、Chloé Juliette|BROADJ#3127

2022.11.22. (tue)
19:00-24:00

■19:00-22:00「Monthly New Vinyl Research」Extended version
<今月のニュー・ヴァイナル・リサーチ>拡張版
■22:00-24:00「New Vinyl Practice by DJ researchers」
<DJ 研究員によるニュー・ヴァイナルの実践>
21st Century Dance Music Vinyl Studies!!!!!

Cocalero〜Flor de Canaへと襷が渡されシーズン3に突入!! Flor de Cana Presents「PRIVATE VINYL LESSON」がプロジェクトをUPDATEし、列島全域のダンスミュージックヴァイナルショップにフォーカスするシリーズで、シーズン3として発動!!!!! 第5回目(通算24回目)は、満を持して高円寺の辺境レコードショップ LOS APSON?にTUNE IN !!!!!!!!

90年代に興った渋谷の文化を支えていたのは、バブル後期に世界中からレコードがこの地の文化的磁力に引き寄せられて起こった宇田川町におけるレコードショップの隆盛であろう。“元祖デス渋谷系(笑)”と語られる安藤組=安藤昇先生の事務所が、1950年代に宇田川町にあったことがこのエリアの地盤をおしゃれに開拓したのは真実であるが、90年代の宇田川町は、フィジカルなヴァイナル文化の宝庫であり、都市そのものが巨大なヴァイナルアーカイヴだったのである。しかし現在、音楽を鑑賞する行為の常態はサブスクリプションに定着しつつある。あらゆる音楽がファイル化する中、昨日も今日も明後日も、エレクトロニックミュージックの12インチ“塩化ビニール”は生まれ続けている。そして、DJユースの音源としてもファイルでのプレイが常態となった現在、その反動のように、改めてヴァイナルの豊かさの価値と可能性が復権して久しい。事実、濁りのない波形情報の解像度ではなくて、空気振動として大気に触れたときの周波数を最もフェティッシュにデザインし、拡張させ続けているのがテクノであると断言しても異論はないだろう?!!!!!

そんなヴァイナルの豊かさを、コカの葉とハーブを使用した高級リキュール=Cocaleroの提供によって、月刊で世界の側に伝承させるべく「TECHNIQUE」とのコラボレーション番組「PRIVATE VINYL LESSON」が1年/全12回を駆け抜け、シーズン1が完結!!! そして、Cocalero〜Flor de Canaへと襷が渡されシーズン2に突入!!「Flor de Caña / フロール・デ・カーニャ」 は、南米ニカラグアの活火山の麓で5世代続く歴史あるラム造りの名家が、地球環境に優しいサステナブルな生産方法にこだわり造り上げた極上ラムである!!! つまり極上ラムを飲みながら、世界中でプレスされたばかりの極上ヴァイナルを体感する月間プログラム、それがFlor de Cana Presents「PRIVATE VINYL LESSON」SEASON 2であった!!!!! しかし「TECHNIQUE」の閉店という悲しい出来事が発生(現在元スタッフがクラウドファンディングを行い更新中!→https://camp-fire.jp/projects/view/620787)その苦境を乗り越えるべくシリーズはSEASON 3へとUPDATE!プログラムの構成はそのままで、列島全域のダンスミュージック・ヴァイナルショップにフォーカスするシリーズとして蘇った!!!!! 第1回の大阪西心斎橋のコア・ヴァイナルショップ=NEWTONE RECORDS、第2回の京都&下北沢に店舗を構えるJET SET、第3回は渋谷区道玄坂のLighthouse Records、第4回目は、建築事務所が併設し「住環境でのリスニング」をテーマに新譜をセレクトする三軒茶屋Kankyō Records!!! そして第5回目の今回は、満を持して高円寺の辺境レコードショップLOS APSON?にTUNE IN !!!!!!!!

DOMMUNEの宇川直宏が初期LOS APSON?のグラフィックデザインを担当していたことはあまりにも有名だが、本年28周年を迎えたLOS APSON?は、四半世紀の長きにわたり、日本に最果てのエキゾ汁を滴らせ続けた究極の辺境/秘境ディガーだということに異論はないであろう。国内外のオルタナティブミュージックを独自の視点によるセレクトで送り出し続けているLOS APSON?がセレクトするダンスミュージックとは?桃源郷の沼に潜む、全長87Mのリュウグウノツカイの立ち遊泳のような魅惑的な時空が待ち受けているに違いない。そんなLOS APSON?店主のヤマベケイジが講師として登壇!そして第23章の研究員は、今年で32年の長いフレンドシップを築くDOMMUNE総裁=宇川直宏と、今やロスアプの象徴となったエクストリーマー=脳BRAIN!Licaxxxはこの日海外遠征で一回休みにつき、Chloé Julietteが緊急参加!!!!

詳細
https://www.dommune.com/streamings/2022/112201/
配信URL
https://www.youtube.com/watch?v=N9dlN028ENo
※生配信では、YouTubeのスーパーチャット機能による投げ銭を募っております。何卒サポートをよろしくお願いいたします。

SUPER DOMMUNE
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO 9F
https://www.dommune.com/

Posted by ヤマベケイジ 19:34 | LOS APSON? | comments (x) | trackback (x)
遂に来日したボビー・オローサのジャパンツアー東京公演でDJを担当します!
フィンランド育ちのチカーノソウルシンガーで、2019年リリースの名盤1stアルバム「THIS LOVE」を当店でも年間ベスト第1位に選出したBobby Oroza(ボビー・オローサ)の初来日ライブツアーが遂に実現して、11月3日(木)の代官山・晴れたら空に豆まいてにてのライブから無事スタート! 今回のツアーは、単身来日のボビーにハモンドオルガン奏者の山口ゆきのり氏を中心としたTINY STEP "Southside" TRIOがバックに付いた、日本のみの特別編成バンドセットであの歌声が聴ける、非常に楽しみな内容となっております!

チケットは全公演完売となっておりますが、ヤマベがDJを担当する11月7日(月)の代官山公演分でも当日券が出るかも or 出ないかもしれない?ので、今回の来日公演を企画したMUSIC CAMPさんのWEBサイトやSNS等をこまめにチェックしてみて下さい! チケットを無事ゲットした方は、是非とも皆でボビーのライブを楽しみましょう〜!

BOBBY OROZA with TINY STEP "SOUTHSIDE" TRIO
JAPAN TOUR


2022年11月3日(木・祝)東京・代官山 晴れたら空に豆まいて
2022年11月4日(金)大阪・東梅田 do with cafe
2022年11月6日(日)東京・小岩 BUSHBASH
2022年11月7日(月)東京・代官山 晴れたら空に豆まいて

追加公演
2022年11月8日(火)東京・代官山 晴れたら空に豆まいて

SPECIAL PROMOTIONAL ACTIVITY
2022年11月5日(土)京都・烏丸御池 ACE HOTEL KYOTO PIOPIKO
"MUSICA DEL ALMA"

詳細:
http://m-camp.net/bobbyoroza2022

Posted by ヤマベケイジ 17:17 | DIARY | comments (x) | trackback (x)
ポル・マロ個展「駅から家まで歩く間に考えること - what I think of on my way home from the station」を開催します!
90年代末から2000年代前半にかけて、レコードレーベル兼ショップの“茶柱(cha-bashira)”を運営していたアーティスト、ポル・マロの個展をロスアプソン店内にて11月から開催します! ユニーク極まりない日常の位相センスを、是非ともご鑑賞下さい!

POL MALÓ exhibition
駅から家まで歩く間に考えること - what I think of on my way home from the station

2022.11.3.(thu)〜12.5.(mon)
at LOS APSON?

OPEN 13:00
CLOSE 19:00
水曜定休日

駅から家までの30分間は、その日街で体験したことのスクラップの中を歩いているような気がします。夜、家で絵を描くと、これらの経験の断片が戻ってきて形になります。その結果は、半分ドキュメンタリーで半分フィクション、半分イタズラで半分異端、半分抗議と抵抗で半分疲労、半分絵画で半分執筆とグラフィティです。ヒエラルキー、構造、排除の痕跡は常に変化している。いつか全てがより良く生まれ変わることを願いながら。

On my 30 minutes walk back home from the station I feel as if I'm walking through scraps of that day's experiences in the city. Painting at home in the evening these scraps of experiences come back out and take on forms. The outcomes are half documentary/half fiction, half itazura/half heresy, half protest and resistance/half exhaustion, half painting/half writing and graffiti. Rearranged traces of hierarchies, structures, exclusions which are constantly shifting. In the hope of everything being reinvented for the better one day.
──Pol Maló

Pol Maló/ポル・マロ
アーティスト(ペインティング、インスタレーション、音楽)。
佐渡島Galaxy Art Festival(2022)、Roppongi Crossing(2004 森美術館)、こもれび(2003 水戸芸術館)、Out The Window(2004 国際交流基金東京)、Sketchy Pop-Ups(2004 SCAI the Bathhouse・個展 solo exhibition)、Phase of Post Music(2000 ICC Inter Communication Center・コンサート)、Variations on a Silence(2005 Re-Tem・東京)、茶柱レコード(1999-2003 レコードレーベルと展示スペース付きレコード屋・渋谷)など。トランスナショナルアーティスト、国籍的なアイデンティティ無い。芸術と哲学の教育。
https://polmalo.amebaownd.com/

LOS APSON?
東京都杉並区高円寺南4-3-2 三光ビル1F
Sanko Bldg. 1F, 4-3-2, Koenji-minami, Suginami-ku, Tokyo, JAPAN
Tel: 03-6337-1595
https://www.losapson.net/

Posted by ヤマベケイジ 17:49 | LOS APSON? | comments (x) | trackback (x)